上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新できぬまま、年末になってしまいました。
商売柄、盆も正月も無く仕事をしております。
来年はもう少し更新できるようにがんばりまーす。

それでは、やっと紹介記事を書きますね。栄えある一回目は、やっぱり ・流石めーるにします。
実は・流石めーるの記事は一回も書いてないんですよ。私なりの考察は後ほど。

流石めーる
流石めーる
運営者 蔵重直樹
最低払出額 100円~ (2006/3/31まで)
振込み先 イーバンク銀行
クリック単価 メール = 0.25円~ ・ PTC= 0.1円~
紹介報酬 3段階 20%-2%-1%
入会ボーナス 無し
20051220040559.gif

もはや説明する必要も無いですかね(笑)
現在、配信数の多さ、入金・配信スピードはダントツでリドメをやるなら必ず登録をオススメします。
会員数も14000人を超えて、どこまで伸びるか興味の湧くところです。
悪いウワサを全く耳にしない流石めーるですが、何故ここまでブレークしたのでしょうか?
それがわかれば、どこのリドメに登録すれば良いかわかるのでは~♪

と言うことで、私なりの考察はmoreからどうぞ....
リドメ管理人さん必見!(笑)
今やリドメ界最強と言われる流石めーるですが、オープン当初から高い評価を得ていたわけではありません。
高い評価どころか、その安価な広告代金とダウン報酬比率、100円換金から「やっていけないんじゃねーの」という声もありました。
オープン当初に話題になったのはサイトのブログがおもしろいって事でしょうか。その頃はまだリドメサイトの管理人のブログは珍しかったんです。

では何故、流石めーるはブレークしたのか?  そのキーワードは【100円換金】です。

当時、100円換金のサイトは既に存在していましたが、0.1円メールだった為、ダウン報酬率は高かったものの一人では中々換金にまでは至りませんでした。
流石めーるは0.25円メールだったので2~3ヶ月後にはポツポツと換金できる人が増えてきたんです。ここが最大のターニングポイントとなりました。
換金申請した人は、申請してから5分と経たずに入金されるその入金スピードに仰天しました。
そしてHPやブログを持ってる人は「流石めーるはサスガだ。換金申請したら、あっと言う間に入金されちゃった。」と記事に書いたり、それ以外にも掲示板に書き込む人が多く見られました。

入金スピードの速さはサイトの信頼性を高め、100円換金という低額から換金しやすいというイメージが急速に広まっていったわけです。もし流石めーるが500円換金を選択していたら、いくら入金スピードが速くてもここまでブレークする事は無かったでしょう。

でも、流石めーるの良さは入金スピードが速いだけではありません。
広告主には安価な広告代金と入金スピード並みの配信スピードの速さ、また新着リドメサイトのサーバーが落ちた時などは再配信してくれる心配りがあります。
リドメサイトは当然のことながら広告を発注してくれる人がいなければ成り立ちません。流石めーるは広告主に対しても信頼を得ているのです。
そうです、リドメサイトにとって一番大切なのは会員との信頼関係であり、運営者がどれだけ会員に対してサービスを提供できるかと言うことです。
それまでのリドメサイトの多くはビジネスであるにも係わらず、会員に対してサービスするという意識は殆ど感じられませんでした。
私が最も高く流石めーるを評価しているのは、リドメ運営者の意識を変えてくれたことで一段上のサービスが提供されるようになり、リドメ界全体の意識が変わったことです。今までリドメは怪しい、危ない、儲からないと思っていた人の意識も変わり、それまでリドメに参加していなかった人も多く参加するようになり、リドメの裾野が広がりました。
最近は100円換金のリドメサイトも増えましたが、その本当の意味もわからず、ただ時流に乗っているだけでは閉鎖への道を辿ることになるでしょう。

ではここで「登録して正解かな?」と思えるサイトの条件を考えてみましょう。

★運営者情報をきちんと表記している(あたりまえ)
★サイト情報を常に発信している(ブログ・掲示板・広告等)
★低額換金である(500円以下が望ましい)
★ダウン報酬が高過ぎない(広告代が安くできない)
★技術力がある(トラブル回避・新サービスの提供)
★問い合わせに直ぐに対応してくれる

大体こんな所を目安に登録サイトを選ぶ参考にしてみて下さい。

ここまで大絶賛した流石めーるですが、将来はどうなるでしょう。

既に日中配信される4500クリック保証の広告は昼間仕事をしている人にはただのゴミとなっています。会員数が増加すればするほど、それは顕著になります。ではクリック数を多くすれば良いかというと、広告代が高くなってしまい広告を出す人が減ってしまいます。
これが会員数が多ければ良いわけではないリドメのジレンマですが、今後は配信限定条件を多くしていくことになるのではと想像しています。
例えば性別・年齢・職業別に配信するという手段です。ただこれは私の勝手な想像ですので、どうなるかはわかりません。
それと、圧倒的な配信数の多さから広告効果が薄れるのではという懸念もあります。簡単に言えば、機械的にメールを処理している人が多いのではないかという事です。

いずれにせよ、リドメ界の先鋒を走っている流石めーるの今後の動向は他のサイトに大きな影響を及ぼすことは間違いありません。
これからも流石めーるには期待して見守って行きましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 来年もこつこつ頑張りましょう。
よろしく!!
2005/12/31(土) 15:44 | | 親父 #-[ 編集]
わざわざご丁寧にありがとうございます。mimutanです。
今年はmooさんのリードメールに対する考え方にいつも”うん、うん確かに。”と思いながら記事を拝見させていただきました。
来年も引き続き勉強させていただきたいと思っています。
お仕事がんばってください。
それではよいお年を
2005/12/31(土) 16:10 | | mimutan #-[ 編集]
お~、なるほど~ と読みいってしまいました。
mooさんはかなり詳しいので今後の登録して正解だったと思えるリドメも楽しみです♪

正月も仕事ですか? 頑張って下さい。 
今後とも宜しくお願いします。
2005/12/31(土) 17:42 | | apple soda #9Ti/rdio[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moo11.blog14.fc2.com/tb.php/88-66c381f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック